不妊の周期療法- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不妊の周期療法

漢方治療のひとつ「周期療法」

周期療法とは、月経期・卵胞期・黄体期・排卵期といった女性の月経周期に合わせて、漢方薬を飲み分ける治療法です。各期間ごとに薬や養生法を変えることで、妊娠しやすい母体を目指します。人工授精や体外受精などの現代医療でなかなか妊娠できない場合に有用な治療法として、近年さらに研究が進められているようです。

不妊症 周期療法の治療方針について

卵胞ホルモン・黄体ホルモン混合製剤

月経血をスムーズに排出し、良好な子宮環境をつくることを目的とします。処方される漢方薬(一例)は、婦宝当帰膠・桂枝茯苓丸・逍遥丸などです

卵胞期

よりよい卵子の成熟を目指します。また、着床しやすい子宮内膜をつくることも目的とします。処方される漢方薬(一例)は、婦宝当帰膠・杞菊地黄丸・逍遥丸などです。

排卵期

卵子がスムーズに排出されること、卵胞がすばやく黄体化されることを目的とします。処方される漢方薬(一例)は、婦宝当帰膠・冠元顆粒・桂枝茯苓丸・逍遥丸などです。

黄体期

受精卵の着床、また、着床した受精卵の良好な成熟を目的とします。処方される漢方薬(一例)は、婦宝当帰膠・参茸補血丸・至宝三鞭丸などです。

<※注>
漢方を効果的に取り入れるには専門医の診断が必要です。周期療法に興味がある方は、まず専門医に相談しましょう。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ