かんたん解説「AID」- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

かんたん解説「AID」

AID(非配偶者間人工授精)とは

AIDとは、夫以外の精子を使って行う人工授精のことで、「非配偶者間人工授精」とも呼びます。男性が無精子症により全く精子がいない場合やこれに近い場合、また、男性に重大な遺伝系疾患がある場合に適応される治療法です。

AID(非配偶者間人工授精)の手順

基本的に、施術の手順は通常の人工授精と同じです。排卵のタイミングにあわせて、女性の子宮内に精子を直接注入します。詳しくは「かんたん解説人工授精」のページをご覧ください。

人工授精の手順について:かんたん解説「人工授精」
→詳細はコチラ

AID(非配偶者間人工授精)に用いる精子について

AIDでは、希望すれば夫の父親や兄弟の精子を使うこともできますが、ほとんどの場合でボランティアによる医学生の精子が用いられています。
若くて健康な精子提供者(ドナー)から採取された元気な精子であるため、配偶者間で行う人工授精よりも高い妊娠率が期待できると言われています。なお、精子提供者の情報が知らされることはありません。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ