生理不順と不妊症の関係- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

生理不順と不妊症の関係

生理不順の種類から考えられる不妊症の原因

生理不順は不妊症と大きく関係しており、そのもっとも大きな要因となるのが排卵のみられない「無排卵」です。
排卵がなければ妊娠も不可能となるので、生理不順で無排卵の場合は不妊症の原因となってしまいます。その他の要因も含め、生理不順の種類とそこから考えられる不妊症の原因をご紹介します。

稀発月経:生理周期が39日以上90日未満

稀発月経では、生理から排卵までの低温期が長いパターンが多く、これは排卵がスムースにおこなわれていないことが考えられます。
そのため排卵・性交のタイミングが掴みにくく妊娠が難しくなります。また高温期がなければ無排卵月経も考えられ、この場合は妊娠ができません。

頻発月経:生理周期が24日以内

基礎体温の高温期がないタイプは無排卵の可能性が高く、妊娠は非常に困難になります。また基礎体温の高温期が短いタイプは排卵があっても黄体機能が弱く、子宮内膜も十分に整いにくいことから着床障害や流産などの可能性が考えられます。

続発性無月経:3ヵ月以上生理が来ない

無月経の場合は、高温期がなく基礎体温は平坦な形になります。
ホルモン分泌機能は著しく低下し排卵もほとんど起こらないため妊娠は非常に困難になります。無月経は放っておくと重度の排卵障害にまで発展することがあります。

過長(過多)月経:生理期間が8日以上

少量出血がダラダラ続き基礎体温が平坦な場合は、無排卵月経の可能性が高く妊娠が非常に困難になります。
また、高温期が短い場合は黄体機能不全が考えられ、激しい生理痛や不正出血・腰痛・性交痛などがともなう場合は子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が考えられます。これらは全て着床障害や流産の原因となる場合があります。

過短(過少)月経:生理が1〜2日と短い

基礎体温の高温期がなければ無排卵が考えられ、妊娠はできません。
また高温期が短ければ黄体機能不全が疑われ着床障害や流産の原因となってしまいます。また子宮内膜の癒着が原因となっている場合があり、これは着床障害や卵管障害を招いてしまうことがあります。

不妊症における生理不順の治療法

生理不順で妊娠希望の場合、治療ではまず、妊娠に必須である排卵の有無を調べることから始めます。
排卵がなければ排卵をおこすための治療がおこなわれ、排卵がみられればタイミング法や人工授精・体外受精などで妊娠を目指していきます。
他にも、生理不順の原因となり不妊症の原因にもなるような病気が見つかった場合は、その症状に対する治療がおこなわれます。不妊症における生理不順の治療は、主に以下の方法でおこなわれます。

稀発月経の場合の治療法

稀発月経には、排卵までに時間がかかる遅延排卵と無排卵月経があります。
遅延排卵は放っておくと排卵機能が低下しますます妊娠しにくくなる恐れがあることから、クロミッドといった効果の穏やかな排卵誘発剤や漢方薬を使い、自力で正しい排卵をおこさせるための治療がおこなわれます。
無排卵月経の場合、クロミッドやより効果の高いhMG製剤などを用いて排卵をおこす治療がおこなわれます。

頻発月経の場合の治療法

頻発月経でも排卵のある場合は、排卵までの卵胞期が短いパターンと排卵後の黄体期が短いパターンの2通りに分かれます。
前者の場合は排卵誘発剤による治療がおこなわれ、後者の場合は黄体ホルモンを直接補充する治療がおこなわれます。無排卵月経である場合はクロミッドやhMG製剤を用いて排卵をおこさせる治療がおこなわれます。

続発性無月経の場合の治療法

無月経の治療は、第一段階としてクロミッドなど効果の穏やかな服用薬で排卵誘発をおこない、効果がみられなければより効果の高いhMG製剤を使って排卵をおこさせる治療をおこないます。
また無月経の原因が高プロラクチン血症の場合には、テルロン・カバサール・パーロデルなどの投薬で治療し、排卵がおこるかどうかを観察します。 (高プロラクチン血症についてはコチラ)。

過長(過多)月経の場合の治療法

無排卵月経の場合は、排卵誘発剤による治療がおこなわれます。
子宮筋腫や子宮ポリープ・子宮内膜癒着などの子宮の病気が原因の場合は、着床障害や流産の原因にもなるため投薬や手術で治療がおこなわれます。

過短(過少)月経の場合の治療法

黄体機能不全が原因の場合、ホルモンを補充する治療がおこなわれ経過を観察します。子宮内膜の癒着が原因の場合は手術で癒着をはがす治療をおこないます。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ