妊娠・出産が難しくなる40代- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

妊娠・出産が難しくなる40代

妊娠率が著しく下がる40代

女性は男性に比べ、年齢と共に妊孕性(妊娠しやすさ)が顕著に低下していきます。
自然妊娠率を見てみると、20代前半の約25%をピークに、20代後半から下がりはじめ30歳では約20%、高齢出産と言われる35歳頃からは一気に拍車がかかり、40歳では約5%にまで落ち込んでしまうそうです。
そのため高齢になればなるほど不妊症になりやすく、高度生殖医療といった不妊治療の成功率も下がってしまいます。
一説では、体外受精全体の成功率が約20%程度なのに対し、40歳では約10%、43歳以上はさらに低下すると言われています。

このように40歳以降は妊娠率の低下が著しく、一度劣化した卵子を若返らせる方法も残念ながらないため、(個人の体質にもよりますが)40代での妊娠は決して容易ではないと言われています。

40代で不妊を乗り切りできるだけ早く妊娠を目指すためには、何より時間との勝負にもなることから、病院治療や漢方をはじめ、規則正しい生活から健康的な体作りをおこなうなど、さまざまな不妊対策に取り組まれることをお勧めいたします。

年齢とともに増える出産のリスク

全国には子宝湯と呼ばれる温泉があちこちに点在します。
40代での妊娠において心配なのは妊娠率の問題だけではありません。
不妊を克服し妊娠に成功した場合でも、次の大きな不安材料となるのが、高齢出産における母体や胎児へのさまざまなリスクです。
必ずしも全員に起こるわけではありませんが、年齢が上がるにつれリスクが徐々に高まっていくと言われています。

流産

高齢の場合、流産になる確率が上がると言われています。
妊婦の全般的な流産率が15%程度に対し、高齢出産の場合だと25%にまで上昇します。中でも受精卵の染色体異常による、妊娠10週までの自然流産・初期流産が多いと言われ、卵子の質が低いことが原因ではないかと考えられています。

妊娠中毒症

高齢で妊娠した場合、高血圧・たんぱく尿・むくみなどの症状がともなう妊娠中毒症になりやすく、40歳以上の妊婦ではおよそ30%の方に見られるそうです。
妊娠中毒症はもともと体が“妊娠”という状態に耐えきれず起こると言われており、母体の老化が影響していると言われています。妊娠中毒症は早産や未熟児の確率が上がってしまいます。

染色体の異常(ダウン症など)

高齢になればなるほど、染色体に問題のある子供が生まれやすいと言われています。 ダウン症の発症率を年齢別に見てみても、20代で1200人に1人、35歳だと300人に1人、40歳では100人に1人と、高齢になるに従ってダウン症の確率が上がっています。卵子の老化が染色体に影響を与えていると考えられています。

帝王切開

高齢になるにつれ産道や骨盤が硬くなり、通常の分娩では難産になる可能性が高くなります。そうなると母体はもちろん赤ちゃんにも大きく負担がかかってしまうため、高齢出産の場合、安全性から計画的に帝王切開をおこなうことが多いようです。
ただし、母体の状態などから問題がないと判断されれば、通常どおり経膣分娩がおこなわれます。トラブル防止のため)。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ