不妊治療の費用- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不妊治療の費用

不妊治療には保険適用のないものも

不妊治療を考える時、やはり気になるのが不妊治療の費用だと思います。 不妊治療にかかる費用は幅広く、数千円でおこなえる治療法から、数十万円にのぼる治療法まであります。しかし、これほどまでに金額に大きな差が出るのはなぜでしょうか?
もちろん、治療の難しさや薬の値段、高額な医療機器の使用なども関係してきますが、ここでもっとも大きく影響しているのが、治療ごとの健康保険適用の有無です。

不妊治療は大きく分けて、“一般不妊治療”とさらに治療レベルの高い“高度生殖医療”の2種類に分かれます。
このうち健康保険が適用されるのは一般不妊治療(人工授精を除く)のみで、高度生殖医療の場合は保険が適用されず全額が自己負担となってしまいます。
そのため、一般不妊治療でも結果が出ず高度医療に進むことになれば、非常にたくさんの費用が必要となってしまいます。

一般不妊治療にかかる費用の目安

<一般不妊治療にかかる費用の目安>(※保険適用後の金額)

検査

  • ホルモン検査:900円〜3,000円/1項目
  • 精液検査:1,500円〜3,000円
  • 子宮卵管造影検査:5,000円〜20,000円

治療

  • タイミング法:3,000円〜8,000円
  • 排卵誘発(注射):1,000円〜3,500円/1本(1回使用平均5〜7本)
  • 人工授精(※保険適用外):5,000円〜20,000円
  • 腹腔鏡下手術:140,000円〜380,000円

高度生殖医療にかかる費用の目安

高度生殖医療(ART)とは、卵子や精子などを体外に取出し受精や着床を人為的に補助する治療法のことで、体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)、接合子卵管内移植(ZIFT法)、卵管内配偶子移植(GIFT法)などの方法があります。
他に、精巣内精子採取法(TESE)や、体外受精・顕微授精をおこなうための、精子・胚(受精卵)の凍結といった医療も高度生殖医療に含まれます。高度生殖医療にかかる費用は以下の通りです。

高度医療にかかる費用の目安

  • 体外受精:200,000円〜450,000円
  • 顕微授精:250,000円〜500.000円
  • ZIFT法:300,000円〜400,000円
  • GIFT法:300,000円〜400,000円
  • 精巣精子採取法(TESE):100,000円〜300,000円
  • 精子凍結:15,000円〜30,000円/凍結・保存(半年〜1年)
  • 胚凍結:70,000円〜200,000円/凍結・保存(半年〜1年)
不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ